トリキュラーと女性

トリキュラーとは避妊薬として有名なお薬ですが、太りやすくなるという噂を耳にしました。副作用も少なく非常に使いやすいトリキュラーですが、その噂は本当なんでしょうか、調査してみました。ご覧ください。

トリキュラーは排卵の抑制と更年期症状に効果あり

トリキュラーは国内で最も利用されている低用量ピルです。低用量ピルとは女性ホルモンを錠剤にしたもので、卵巣ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲストーゲン)が主な成分です。そして、トリキュラーにはいくつかの効果がありますが、その中でも特筆すべきなのが、排卵を抑制する避妊効果と更年期の症状の軽減する効果です。まずは排卵を抑制する避妊効果ですが、トリキュラーを服用して卵巣ホルモンと黄体ホルモンを摂取すると、脳内から卵巣へとホルモンを分泌させる作用が抑制され、卵胞が発育しなくなります。これによって卵子が排出しなくなり、卵管内での受精が抑えられて避妊できるというわけです。そしてもうひとつが更年期の症状を軽減する効果です。更年期とは閉経を挟んだ40代後半~50代前半くらいまでの時期を指しますが、30代後半~40代前半までの女性にもよく症状が見られることがあります。これは「プレ更年期」と言われるものです。プレ更年期となって女性ホルモンが減少すると、生理痛や生理不順や月経前症候群や肩こりや腰痛などの肉体的な症状から、イライラや疲労感や不安などの精神的な症状まで、様々な症状が見られるようになります。この時期は卵巣に機能の低下とストレスによって、ホルモンの分泌量が減りやすくなります。その結果ホルモンバランスが崩れてしまい、これらの症状が起こることになるのです。そして、このプレ更年期の治療に有効なのがトリキュラーです。トリキュラーで女性ホルモンを補うことによって、これらの様々な症状を抑えることが出来るのです。このように、トリキュラーに含まれる卵巣ホルモンと黄体ホルモンは、様々な効果をもたらしてくれるのです。