トリキュラーと女性

トリキュラーとは避妊薬として有名なお薬ですが、太りやすくなるという噂を耳にしました。副作用も少なく非常に使いやすいトリキュラーですが、その噂は本当なんでしょうか、調査してみました。ご覧ください。

トリキュラーで若年性更年期障害の治療と鎮痛剤

生理痛が酷く鎮痛剤で、対処しているという女性も、多いのではないでしょうか。
中には痛みのあまり、寝込んでしまう女性もいる程、生理痛は辛いものです。
生理痛が起こる原因は色々とありますが、子宮内膜が厚くなり過ぎると、痛みが強く出る傾向にあります。
子宮内膜には生理時に子宮を収縮する為、プロスタグランジンという物質が作られます。
この物質が多く作られると、子宮の収縮が強くなり生理痛も酷くなるのです。
生理は毎月やってきます。
できるだけ生理痛を緩和したいなら、ピルでの治療がおすすめです。
ピルは子宮内膜が厚くなり過ぎるのを、防ぐ効果のある薬です。
ですので、服用する事によってプロスタグランジンの分泌量が減り結果、生理痛にもなりにくくなるのです。
ピルは副作用の強い薬というイメージを、持たれている方も多いですが、最近はトリキュラーという低用量ピルによる治療が、主流となっています。
トリキュラーであれば副作用の心配もほとんどありません。
生理中、鎮痛剤が手放せないという方は、トリキュラーでの治療を検討してみてはいかがでしょう。
また、トリキュラーをはじめとするピルは、若年性更年期障害の緩和にも有効です。
更年期障害は閉経前後に起こる症状ですが、最近は20代・30代といった若い世代でも更年期障害と同じような、症状で悩む方が増えています。
若年性更年期障害はストレスなどで、女性ホルモン分泌が減少したり、ホルモンバランスが崩れる事で起こる症状です。
ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンという、2種類の女性ホルモンと同じ作用をする成分が含まれています。
服用する事によって、体内の女性ホルモン量が一定に保たれるので、若年性更年期障害の治療にも有効と言われています。