トリキュラーと女性

トリキュラーとは避妊薬として有名なお薬ですが、太りやすくなるという噂を耳にしました。副作用も少なく非常に使いやすいトリキュラーですが、その噂は本当なんでしょうか、調査してみました。ご覧ください。

トリキュラーでは太らないがハーブの飲み合わせに注意

トリキュラーは低用量ピルの一種であり、女性が自分の意思で避妊するのに役立つ薬です。
妊娠を望んでいない人は、婦人科や産婦人科、レディースクリニックでトリキュラーなどの低用量ピルを処方してもらい、飲み方に従って毎日きちんと服用することで避妊効果が得られます。
ピルと言うと「太る」というイメージが従来はありましたが、これは過去の話となっており、古い種類のピルではホルモン量が多かったため太るケースがあったのに対し、トリキュラーは飲んでいても太らないメリットがあります。
トリキュラーには少量の卵胞ホルモン薬(エチニルエストラジオール)と黄体ホルモン薬(レボノルゲストレル)が含まれており、これらが脳下垂体に働きかけることで排卵が止まり、避妊出来るという仕組みになっています。
トリキュラーは安全性が高い薬ですが、体が薬に慣れるまでは副作用として頭痛や吐き気などが起こることがあり、血栓症が起こるリスクを上げることもあるので、医師と相談して自分の体調や生活習慣を確認してから服用するのがおすすめです。
例えば、35歳以上で1日に15本以上タバコを吸うなどの生活習慣がある人は、血栓が出来る危険性が高いため、この薬を飲めない場合があります。
また、トリキュラーなどの低用量ピルは、薬との飲み合わせに注意しなければならない面があり、飲み合わせの悪い薬やハーブなどと一緒に飲んでしまうと、トリキュラーの避妊効果が低下したり、反対に一緒に飲んだ方の薬の効果が弱まるなどのリスクが指摘されています。
この薬と併用してはいけないものには、健康食品などに含まれるハーブのセント・ジョーンズ・ワートなどが挙げられます。
トリキュラーを服用している期間には、他の病気でお医者さんにかかる時は低用量ピルを飲んでいることを医師に伝えたり、健康食品の内容に気をつけるなどして、飲み合わせの悪いものを避けることが大切です。